三軒茶屋 ジャズバー 「アンクルトム」 マスターの部屋

三軒茶屋のジャズバー「アンクルトム」のお知らせと、マスターの小言。マスターのお勧めアルバムの紹介など。

フォー・ユニッツフォー・ユニッツ
(2007/06/29)
宮沢昭

商品詳細を見る



宮沢 昭 / ts fl
佐藤 允彦 / p , arr(編曲)
富樫 雅彦 / ds
荒川 康男 / b

A1.フォー・ユニッツ Four Units (富樫 雅彦 作曲)
A2.惰眠 Dull Slumber (佐藤 雅彦 作曲)
B1.スカボロー・フェア Scaborough Fair (p.simon-a. garfunkel)
B2.虹鱒 Rainbow Trout (宮沢 昭 作曲)
B3.ブラック・バス Black Bass (宮沢 昭 作曲)

録音 1969年4月2日 25日 テイチク会館第1スタジオ

ちょっとマニアックなお勧め。

好きな人は好きだけど、嫌いな人は聴けないかも?

フォー・ユニッツと書かれるとどちらを思い浮かべるだろうか。
4人で一つか、それとも、4つの個性か。
私としては、このアルバムはどちらもなのだと思う。

バラバラに聞こえながら一体感もある。
私個人としては、佐藤允彦の宇宙を思わせるピアノが好みだが、
特に抜きん出て素晴らしいのは富樫のドラミングだろう。
ぐいぐいと引っ張ると言うか、押していくと言うか、このパワーは凄い!勿論テクニックもだが。
初めて聴いたときは、よくぞここまで叩けるものだと思いつつ、途中からは「こいつすげぇなぁ」しか言えなかった。

全体を通して言えるのは、コルトレーンの影響がかなり出ているアルバムであると言うこと。
偏見(偏聴か?)かもしれないが、そう思って聴くと面白いものだ。
サックスはコルトレーンの影がそこかしこに見え隠れしているし、
ベースはジミー・ギャリソンを綺麗にした感じにも聴こえる。
ピアノは、早弾きはないがマッコイ・タイナー風とも思え、
ドラムはエルビンのような迫力がある。

特に、この傾向が顕著に出ているのがB1のスカボロー・フェアだ。
そして、このアルバムの中で一番良い出来と言えるだろう。
有名曲でもあるので、耳障りも良い。
宮沢のサックスが素晴らしいブロウをしている。
押し寄せる力強いドラムと絡み合うベース。
全体を包むようなピアノと四人が一つのユニットとなって演奏している。
楽曲それ自体が良いというのもあるが、構成や編曲も中々興味深い。

あえて、コルトレーン風と強調して書いたが、実際はちゃんと四人の個性が出ている。
ただ、録音の時期が時期だけに、その傾向がその後のアルバムよりも出ているのは確かではないだろうか。

コルトレーン風だなんだを抜きにして、この演奏は日本人離れをしたものと言えるだろう。
今の日本のジャズアーティストでこのようなプレイを出来る人がどの程度いるだろうか。
最近の新譜の傾向はやたらと綺麗すぎたり、お洒落になってみたりと、どうもあまり面白くない。
綺麗な曲は確かに綺麗だが、それ以上は無い。
はっきり言ってつまらない。(個人的にだが)
構成の面白さや、音の厚みや余韻、ぐいぐいと引っ張っていく疾走感、個性のぶつかり合い、熱のこもった演奏、そういうものが全くないとは言わないが、かなり少なくこじんまりとしてしまっているように思える。

こんな風に私と同じように思っている方には、是非このアルバムをお勧めしたいと思います。


↓マスターの勝手なお勧め度(5点満点)
★★★★☆ (4.5点)

東京都世田谷区太子堂1-15-15
ジャズ イン アンクル トム 「三軒茶屋駅から徒歩5分」
http://jazzuncletom.web.fc2.com/

スポンサーサイト
久々の更新。
まったく、夏休みのお知らせぐらい書かないといかんですよね。

まぁ、夏休みも普段通り営業していたので書く必要も無かったのですが。。。

さて、小言と題して何が書きたかったかと言うとですね。

うちのブログ、画像のリンク切れが気になっていて、今日手直しをしたんですけど。

そもそも画像自体はアマゾンのもので、それをこのブログを運営しているFC2さんがテンプレートとして出しているんですよ。

それをマイショップというブログの機能を使って画像を表示させていたんです。

だから、普通に考えればリンク切れなんて事は起きないはずなんですがね。

で、調べてみたら、画像の名前が変わってたという罠。

ネームの変更をアマゾンかFC2がやったんでしょうけど、やるなら連絡ぐらい欲しいものです。

てか、自分のブログだからそれぐらいは自分でやれと言う事なのかもしれませんが。。。

とりあえず、×印を無くしたのでだいぶスッキリ。


そうそう、あと、先日、久々にレコードのレビューを書こうと思って、「アルトサミット」というリー・コニッツのアルバムを調べたらビックリしました。

CD化されてはいるものの、新品はおろか中古も殆ど出回っていない始末。

英語で探して出てきた商品は、やたら高くてびっくりでした。

輸入物のCDでこの値段かよ!

Alto Summit

ちなみに、こっちは日本版↓

アルト・サミット

今の所、取り扱いなしとの事。
どっかでCD見つけたら買いですね。

ちなみに、ヤフーオークションではLPが2000円しないぐらいで出てました。

なんでLPの方が安いんだ!!!っと一人で突っ込み入れてました。

なんか、色々調べてたらこのアルバムのレビュー書く気がうせてしまったので、また今度別のアルバムのレビューでも書こうと思ってます。


東京都世田谷区太子堂1-15-15
ジャズ イン アンクル トム 「三軒茶屋駅から徒歩5分」
http://jazzuncletom.web.fc2.com/